石の欄干
 

 円頓寺商店街の入口に架かる五条橋。
 擬宝珠(ぎぼし)、石の欄干、石畳の舗装‥時代を感じさせる特徴のある橋だ。納屋橋とともに「都市景観重要建築物等」に指定されている。





 この橋は堀川七橋のひとつ。堀川七橋とは、堀川開削のころに架けられた七つの橋をいう。上流から五条橋・中橋・伝馬橋・納屋橋・日置橋・古渡橋・尾頭橋だ。

 五条橋は一番上流に架けられていた橋であり、清洲から移築されたといわれている。擬宝珠の銘に堀川が開削された慶長
15年(1610)より古い「慶長七年」とあるからだ。「清洲越し」といって、名古屋の街は名古屋城築城のときに清洲から街ぐるみ引っ越してできた。住民も神社や寺院も引っ越してきた。五条橋もこの時に清洲城のそばを流れる五条川に架かっていたのを解体して運んできたと伝えられている。
 今も時代を感じさせる擬宝珠が付いているが、これはレプリカであり本物は名古屋城で保管されている。

江戸時代の五条橋界隈
『尾張名陽図会』

共同物揚場


 橋は川の両岸を結ぶとともに、川と道とを結ぶ場所でもあった。
 堀川は熱田の浜から名古屋城下への幹線輸送路であり、毎日多くの舟が行きかいたくさんの荷物が運ばれていた。四間道などにあった川岸の蔵へ出し入れする荷物は直接接岸して積み降ろしされたが、他の場所へ運ぶ荷は橋のたもとで積みおろしされていた。かつて橋のたもとには誰でも使える「共同物揚場」があり、ここで舟から降ろして市内へと運んでいったのである。

 五条橋の橋詰にあるスロープは川と道を結ぶ荷揚げのための場所であり、東南には風化して読みにくくなってはいるが「共同物揚場」と彫られたコンクリートの柱が今も残されている。

北東橋詰の共同物揚場

共同物揚場の表示柱
 西北の橋詰には、屋根神様が遷座されている。
 かつてはどこかの屋根に祭られていたものだが、古い家屋の改築とともに行き場所を失いここに移されたのであろう。祭礼などには提灯やお供え物が上げられ、今も地域の信仰を集めている。
屋根神様


伊藤正博

  五条橋〜納屋橋の地図へ

名古屋歴史ワンダーランドへ