名もきらびやかな
桜通と桜橋
 

 名古屋駅の東口から都心をまっすぐ東に貫く大通り、桜通。
 他所からいらした方は、桜並木が続く大通りを想像していたのに、いちょう並木なので意外に思われる。華やかな名前をもつこの通りが堀川を越えるのが桜橋。桜橋はいつも桜が満開である。


 な ぜ 桜 通  戦災復興で整備  桜づくしの桜橋



なぜ桜通

 桜並木がないのに桜通。どうして桜通と名付けられたのだろう。
 この通りは昔 「桜の町筋」と呼ばれていた。この通りを東へ行くと本町通と交差する手前南側に天神様を祭る天満宮がある。かつては周辺には桜が多く花見で賑わった、あるいは神木に桜の古木があったことから「桜天満宮」とか「桜天神」と呼ばれていた。このため、この前の通りが「桜の町筋」と呼ばれるようになり、この「桜の町筋」を拡幅整備した現在の道路は「桜通」と名付けられたのである。

※ この通りは時代や地域により、菅原町、西菅原町、桜町、東桜町とも呼ばれた。菅原町はもちろん、天神様=菅原道真にちなんだ名前である。
 
桜の町筋
『天明年間(1781〜1788)名古屋市中支配分図』
 部分


 堀川で終わっていた「桜の町筋」は、巾5.5m(3間)ほどしかなかった。
 現在のような幹線道路になるきっかけは、昭和12年(1937)の名古屋駅の移転である。それまで笹島のところにあった名古屋駅が現在の地に移転するのにあわせて、駅前広場や桜通(一部)の整備が行われた。その後第二次世界大戦の空襲の激化とともに、このあたりは「防空法」により疎開空地帯に指定され、建物を強制的に取り壊し空地になっていた。戦後になり、戦災復興の都市計画が昭和21年(1946)6月に決定され、この疎開空地帯を利用して、将来の自動車交通普及も見越して現在の幅員50mの幹線道路に整備された。

戦災復興
『名古屋市復興都市計画図』(昭和21年発行) 部分


桜づくしの桜橋

 桜橋の設計者は、とことん桜にこだわってデザインしたようで、橋のいたるところに桜のデザインが使われている。
橋名板に桜の花 すずらん灯の受け座に桜の花びら 欄干のレリーフは、もちろん桜と川の流れ
灯具のカバーに桜と川 欄干の飾り、これも多分桜をデザイン すずらん灯のポールの基部にも桜

 参考:『尾張名所図会』『尾張名陽図会』『名古屋の街』『戦災復興史』など

伊藤正博

  五条橋〜納屋橋の地図へ

名古屋歴史ワンダーランドへ