どこの町につながっていた?
柳原街道
 

 街道とは、広辞苑によれば「各都市間を結ぶ主要道路」とされている。土居下から北へと伸びる柳原商店街の道を「柳原街道」ともいうが、いったいどこの町へとつながっていたのだろうか。



明治24年地図

 
 今の地図にこの街道名は載っていない。ならばと、明治24年(1891)の地形図を取り出してみた。「犬山街道」「下街道」はあるが、「柳原街道」の文字はない。そもそも、道は黒川を越えると田幡の集落の中に入り、その先は西志賀や光音寺へ向う細い里道が田の中を伸びているだけである。大正9年の地形図でも同様である。長栄寺や深島神社周辺には家が建っているが、ほかは一面の田で、街道沿いに発展するはずの街並みも見られない。昭和7年の地形図では耕地整理により道路が縦横に整備され、今のように北へ道が伸びているが、旧矢田川の堤防で終わっていて街道とは思えない。

時代をさかのぼって、天保12年(1841)に描かれた『田幡村絵図』を見ると、大幸川(後の「黒川」)より南に「柳原海道」と書かれている。西志賀村への道は「志賀道」、光音寺村とむすぶ道は「柳海道」となっていて「柳原街道」は田幡から先へは延びていない。城下の地図を何点か調べてみても、この道は描かれているが名は記されていない。土居下から北へ33mほどの区間は大曽根下屋敷を建てたときに整備された「御成道」の一部であり、どうやら、柳原街道は「柳原へゆく道」という意味で、町と町を結ぶ本当の意味での街道ではなかったようだ。

田幡村絵図
『明治24年 地形図』
 (部分)

『田幡村絵図』 (部分)


現況

本格的な街道はなかったが、この柳原周辺にはお城に絡んだ秘密のにおいのする道があった。落城のときの脱出路である。
 土居下に同心屋敷がおかれ、万一の時、藩主は同心たちに警護されつつ屋敷から柳原街道を横切り、小道を清水、大曽根を経て木曽を目指す手はずであったという。また、柳原街道を通り御用水に出て、用水の岸を松並木に姿を隠しながら落ち延びるルートも用意されていた。
 ここには旅人で賑わう街道はなかったが、いくさに備えた武士が静かで密やかに用意した道があった。

伊藤正博 2004/7/31

   

名古屋歴史ワンダーランドへ