名古屋の北玄関
清水口と稲置街道
 

 国道41号と出来町通が交差する所は「清水口」という交差点である。ここは名古屋台地の北端、空気が澄んでいるときは遠くに御嶽山も眺められる。江戸時代の『金鱗九十九之塵』には「越後の山々見ゆる」と書かれている。加賀の白山まで見えたのであろうが、今ではめったに見ることができない。


 名古屋の玄関 清水の大坂  清冽な清水 造り酒屋  明治天皇もこの道を
 街道の雰囲気をさがして  

名古屋の玄関 清水の大坂

清水の大坂


 「清水口」の「口」は城下への出入口のこと。稲置街道(木曽街道)から城下へ入るには「清水町」を通るので「清水口」というわけだ。名古屋の北の玄関口である。かつては清水口のほかに、大曽根口(下街道)、駿河口(飯田街道)、熱田口(熱田街道)、枇杷島口(美濃街道)があり、「五口」とよばれていた。今も「口」が付いた名前が残るのは清水口だけではないだろうか。

清水口から北へ国道41号はまっすぐに坂道を下って行くが、かつての稲置街道は清水口の交差点より西へ一本目の道として残っている。名古屋台地を上り下りするから急な坂道である。「清水の大坂」と呼ばれていた。今のような舗装がない時代に、農作物などを満載した大八車を引いて上がるのはさぞかし大変だったであろう。坂の途中で東へと直角に曲がるが、ここはかつて「亀尾清水」という名水が湧いていたところだ。道は国道41号を渡って東側に移り北へと続いている。所々にある商店は、名古屋の北の玄関口として旅人や近隣農村地帯からの買物客で賑わったことをしめしている。江戸時代初期には道の東側は一軒の家もなく一面の田畑であったが、元禄6年(1693)頃からだんだん家が建ち始めたという。

「清水の大坂」

清冽な清水 造り酒屋

白龍酒造


 下りきり瀬戸線を越えると、一本北に白龍酒造がある。嘉永年間(1848〜54)創業の造り酒屋だ。酒造りに欠かせない良い水が豊富に湧き、街道沿いで出荷に便利なこの場所が選ばれたのであろう。今でも純米酒はここの地下水で醸している。
街道の造り酒屋


明治天皇もこの道を

明治天皇碑

さらに進むと八王子神社がある。江戸時代後期になると、この神社付近まで商店が連なり、『尾張徇行記』には「清水坂下から八王子神社までは商店がたちならんでおり、従来農家であった者も商売をしている」と書かれている。

平成17年まで、境内に古い小さな家が残されていた。その建物は、元は瀬戸線より少し南の街道沿いにあったものだ。わざわざ移築して保存されていたのは明治天皇ゆかりの建物だからである。明治13年(1880)、天皇は中山道経由で名古屋を経て京都へ巡幸された。中山道の大井宿からは下街道をとおっている。6月30日の午前7時に多治見を出発。勝川の地蔵池周辺の低湿地帯は馬車の通行が難しいので、新たに造られた道で稲置街道に出て南下。清水の坂下にあったこの建物で休憩した後、市内の東本願寺に午後3時20分に到着された。明治天皇が巡幸された全国各地に、戦前の皇威発揚政策により「休憩や宿泊した旧跡である」という内容を刻んだ石柱が建てられた。ここには「明治天皇清水御小休所」の碑が建っている。名古屋市内にも何か所か碑は建っているが、戦災や老朽化により建物はすでになくなっている。ここに残されていた建物も、八王子神社が鉄筋で改築されたときに、残念ながら取り壊されてしまった。

 明治天皇ゆかりの石碑
 後ろに、天皇が休憩した建物が写っているが、今は取り壊された


街道の雰囲気をさがして

稲置街道碑
 さらに進むと、道端に稲置街道の説明板がある。道の所々には商店があり、屋根神様を祭った家も一軒残っている。ゆるやかにカーブする道は、かつて街道であったことがしのばれる道である。

屋根神様
稲置街道の碑
屋根神様
【参考】『新修名古屋市史』『尾張徇行記』

伊藤正博 2004/7/25 2006/10/18修正

    

名古屋歴史ワンダーランドへ