名鉄瀬戸線を今でも「瀬戸電」と呼ぶ人がいる。
「瀬戸電気鉄道(株)」略して「瀬戸電」であるが、昭和14年(1939)、戦争に向けた企業統合で「名古屋鉄道(株)」に合併されている。
 はるか昔になくなった名前だが、二両編成の電車がガタゴト走る風景や、狭いお堀のなかをゆっくりと走る電車を知っている人は、親しみをこめて「瀬戸電」と呼びたくなる。

昭和50年頃の姿
(尼ヶ坂駅付近)

 瀬戸から大曽根へ さらに堀川へ  終点は堀川から栄へ  




瀬戸電の歴史は古い。鉄道敷設が具体化したのは中央線に大曽根停車場を誘致する運動がきっかけである。

明治29年(1896)には軽便鉄道の計画がたてられ、35年(1902)に「瀬戸自動鉄道(株)」が設立された。38年(1905)4月に瀬戸から矢田まで、39年(1906)3月には大曽根まで開通した。

最初は、蒸気機関を動力とするフランス製の車両を使用したが故障が多く、電車へ切り替えがはかられた。これにより、社名も40年(1907)1月に「瀬戸電気鉄道(株)」に変更、「瀬戸電」の誕生である。


 業績の向上とともに、市内乗り入れが計画された。
 当時の名古屋の輸送幹線であった堀川まで線路を延ばすことで、「瀬戸物」と呼ばれるほど全国的に有名な陶磁器や陶土を、堀川から舟で名古屋港へ、さらに全国や世界へと輸送できるようにするためである。
 44年(1911)2月に大曽根から土居下まで、10月には堀川まで開通し、全国でも珍しいお堀を走る電車が誕生した。大曾根から西には9つの駅が設けられ、「下街道」「坂下」「師範下」など、今ではなじみのない名前の駅もあった。大曽根駅で中央線に、堀川駅で舟運につながるこの電車は、貨物の輸送は無論、通勤・通学の利用も多く、瀬戸や名古屋北部発展の原動力となった。
 
名古屋市街図(大正11年)
クリックすると拡大


時代に合わせた改良も加えられた。
 戦災復興事業では、曲折が多く民家に接するように延びていた線路が、両側に側道のある直線的で快適な環境へと改善された。

 また、堀川の舟運が衰退したことにより、昭和51年(1976)に堀川〜土居下が廃止され、53年(1978)には栄乗り入れが始まっている。平成2年(1990)には大曽根以西が連続立体交差になり、かつての瀬戸電のイメージは一新された。

北区ではガタゴト走る昔の雰囲気は失われたが、地域の足として、いつまでも人々に親しまれる電車でいてほしいものである。

終着の堀川駅プラットホームも、
今は静かな駐車場になっている。


参考文献 : 『東大曽根町誌』 『明治の名古屋』 『名古屋の街 戦災復興の記録』 『新修名古屋市史』

伊藤正博 2006/10/17

   

名古屋歴史ワンダーランドへ