都市にはその街を代表する川がある。
 東京の隅田川、大阪の淀川、京都の鴨川…名古屋は堀川である。
 多くの都市の川は自然の川だが、堀川は人工の川だ。名古屋の町自体も自然にできたのではなく、この地域の中心地であった清洲から町ぐるみ引っ越して造られた町である。
 名古屋台地の上にお城と碁盤割の市街地が造られ、そこへの輸送路として堀川は開削された。かつて人や物を大量に輸送できるのは船しかなかったので、町を造れば川も造る必要があったのである。


 開削の謎 一   自然河川はあったのか  開削の謎 二  どのような工事が行なわれたのか





 堀川は名古屋台地の西端の崖に沿って掘られている。
 台地の西の地域は太古は海であり、今の木曽川や庄内川、矢田川の原型であった川が、流れとともに運んできた土砂が堆積してできた陸地である。また、名古屋台地の北や西は、これらの川に削られ崖地になったのである。今は江川線という道路になっている江川や笈瀬通に名前を残す笈瀬川、荒子川などいくつかの川が北から南へと流れていたが、これらは太古の庄内川などが小河川となって残ったものといわれている。このうち江川は比較的名古屋台地に近い場所を流れていたが、城下町へより便利な台地の崖下近くに堀川は造られたのである。

 堀川ができる前に、その前身である川が流れていたのであろうか‥‥非常に興味をそそる話題だ。

 古文書や地図、伝承などは、どうだろうか。
 残念ながら名古屋開府以前の図面はほとんど残されていない。わずか『金城温古録』に「御城取大体之図」があるが、稲生と小田井への道や、台地北の崖と思われる線、神社などがかかれた図にお城のおおまかな配置が記されているだけで、川らしいものは描かれていない。

 また、お城の石垣に使う石を笈瀬川・中川(中川運河の前身)を利用して運んだと伝えられ、西宮神社(中川区月島町)には「名古屋築城石切場跡」の碑が建てられている。もし、堀川の位置に舟が入れるほどの川があれば、非効率な陸上での運搬距離を短縮できるので利用したはずだが、そのような伝承はない。
『金城温古録』より「御城取大体之図」
 視点を変えて、地形から推察してみよう。

 地形といっても、今の名古屋は「ほとんど平坦な街」というイメージで語られる。
 街ができて400年、永年の人のいとなみの中で不便な傾斜地はなだらかにされ、自動車で走ると坂や崖に気がつくこともない。
 しかし2万5千分の1の地形図には、はっきりと台地と周辺の土地の違いが出ている。
台地の下 台地の上
地   点 標 高 地   点 標 高
 瀬戸電清水駅北 8m  清水口交差点 17m
 浅間町交差点西 3.2m  丸の内中学前 12.1m
 泥江町交差点 2m  地下鉄丸の内駅北 12.1m
 白川公園北 7m
 尾頭橋交差点 2m  金山新橋南交差点 9.9m
 日比野交差点 2m  西高蔵交差点北 7.2m
 白鳥橋西500m 0.1m  熱田神宮南 4.9m
※小数点以下1桁は「水準点」、整数は「標石のない標高点」、昭和43年改測図より

パンフレット『堀川』より
 わずかしか離れていない場所で10m近い標高差があるのだ。
 台地の端は、はるか昔、河川の浸食で削られた崖であった。今ではわずかに片山八幡北の崖(瀬戸電 尼が坂駅の南)が、かつての様子をしのばせるだけである。
 台地は山あり谷ありの地形であった。
 名古屋開府のおりの俗謡に「音に聞えし那古野の山を、ひきやならした肥後の衆が」というのがあるが、山を崩し谷を埋め平坦な地形に整備したのである。開府以前には当然、台地の谷から流れ出る川もあり、明治まで堀川に流入していた「紫川」などはかつての自然河川が市街地の排水路として残されたものである。
 また、台地端の崖からは豊富な水が湧き出ていた。北側には江戸時代になっても亀尾清水などいくつかの著名な湧水があり、名古屋城の北などは湧水による沼地が広がっていた。堀川が造られた西側でも崖から多くの湧水があり、どこかの川を流れて海へと向かっていたはずである。

 さて、これらの水は、開府以前も今の堀川の位置で自然河川となって海に向かって流れていたのだろうか‥‥地形から考えると、その可能性はないと判断される。

 台地の崖は長い年月に少しづつ崩れて土砂は崖下に堆積する。その土砂は雨水などにより少しずつ低い土地へ運ばれ、台地の近くは高く離れるほど低い、なだらかな斜面になるのが一般的である。
 水は少しでも低い場所に向かって流れてゆく。台地の谷の水や崖の湧水は、台地西のなだらかな斜面を西に向かって流れ下り、斜面が尽き平地になった場所で自然河川となって海へ向かって行ったと考えるのが自然の摂理に合っている。

 堀川は台地のごく近い位置で台地に寄り添うように流れている。この場所は崖から崩れた土が形成する緩やかな斜面のなかの比較的高い位置だ。この位置に台地に平行した自然河川ができる可能性はなく、堀川の前身となる川は無かったと考えられる。

 ただ、特殊な状況としては、自然河川が有ったと考えることも可能だ。太古、台地の崖を削って流れていた今の庄内川などの原型であった川が、笈瀬川や荒子川と同様な小河川となって台地の近くに残っていた場合である。川が崖から流れ出る土砂を流水とともに海へと運んでゆけば、上に述べたのとは異なり自然河川があった可能性がある。これが可能な条件として、崩壊した土砂を流下させるほどの水量が必要だ。水量が少なければ、川に流れ込んだ土砂が川底を高くし、川は徐々に崖から離れた位置に移動してゆき、崖下に川は留まることはできない。

 堀川の場合はどうであろう。水源は、台地からの谷水と崖からの湧水であろう。台地北側の水は大幸川経由で笈瀬川に流れ込んでいたので、堀川の位置に流れ込むのは西側の水だけである。はたして崩壊した土砂を流下し続けるほど豊かな流量があったのだろうか。その可能性は低いと思われる。

 川があったとの記録も無く、築城時の石を運搬する時に離れた笈瀬川を使ったこと、崖下という地形を考え合わせると、やはり自然河川はなかったと思われる。



 堀川ではどのような工事が行なわれたのだろうか。
 沿川には、上流から広井・日置・露橋・古渡・五女子の村と熱田神領があった。『寛文村々覚書』に熱田神領以外の村の、開削による村高(田畑の収穫高)の変化が記載されている。名古屋開府による耕地の減少は下の表のとおりだ


 広井村と日置村は堀川のほかに侍屋敷の建設による減少があり、広範囲にわたって耕地が潰されている。

 古渡村と五女子村は堀川開削による減少となっている。これをもとに開削工事の規模を検討してみよう。

当時の村名 村高の減少 耕地の減少 用 途 現在の
堀川での
区域
左の
延長距離
耕地減少の
平均幅員
広井村 812石7斗6升7合 田畑:77町8反27歩
(77.16ha)
堀川と侍屋敷 小塩橋南

新洲崎橋
約1,850m 約417m
日置村 346石8斗5升9合 記載なし(推定:30.05ha) 新洲崎橋

山王橋
約1,150m 推定:
  約261m
古渡村 135石1升8合 田畑:12町7反3畝25歩
(12.63ha)
堀  川 山王橋

尾頭橋
約1,050m 約120m
五女子村 124石9斗5升 田:9町6反1畝16歩
(9.54ha)
尾頭橋

瓶屋橋
約700m 約136m
日置村の耕地の減少は記載がないので、他の3村の村高の減少と耕地の減少から比例で計算

 村の中の堀川の延長をデジタルマップで測り、減少した耕地面積を割って平均幅員を計算すると意外な結果がでる。幅が120、136mという広い範囲の耕地が潰れているのだ。
 堀川の巾は30〜40m、両岸の道路を加えても70〜80m程度しかない。その差の50mはどうして発生したのだろうか。また、120mはどこまでだろうか。


 堀川を掘ることで発生した大量の土砂はどこかに運ばなければならない。モッコや背負い籠で運んだこの時代、遠くへは持ってゆけない。沿川で処分するしかないであろう。
 両岸に道路を築き、更にその向こうまで土砂を敷き均したのである。左岸は台地側なので高いから、低地の右岸側に敷き均したと考えるのが順当だ。

 古渡村まで、堀川と江川はほぼ平行して流れていた。堀川左岸の道路東端から西に向かって120m行くと、ほぼ江川に達する。また、江戸時代の地図では、堀川と江川の間には千石以上の武士の下屋敷が並んでいる。堀川の土は江川までの田畑に敷き均されて藩有地となり、その土地は武士の屋敷に利用されたのだ。

 掘削土を利用して土地の造成を行なうのは珍しいことではない。中川運河開削のときにも、掘削した土砂で両岸に倉庫・工場用地と道路を造り、一体として整備している。堀川もこれと同様に開削したものだ。

 堀川の開削は単に運河を掘っただけでなく、現代と同様に沿川地域の整備も同時に行なう大規模な都市開発だったのである。

 2007/11/17