どこから堀川
 

 人には名前がある。川にもある。人の名は出生届を出し、戸籍に記載されることで確定する。
 川の名は何で決まっているのだろうか。人には、本名のほか通称やあだ名がある人もいる。昔は、幼い時と成人してから名が変わることもあった。
 堀川の上流部は黒川と呼ばれることがある。これはあだ名なのだろうか。「堀川」といつから呼ばれ、どこからどこまでが堀川なのだろう。


 誕生したときの名は?  堀川と大幸川  堀川・黒川・庄内用水の誕生
 準用河川の堀川・黒川・古川  (新)河川法により二級河川に  一級河川 堀川の誕生




 堀川は、名古屋築城と同じ頃の慶長15年(1610)に開削された。
 名古屋城の西、今の朝日橋から当時は海岸であった熱田までである。朝日橋より上流はなく堀留になっており、お堀の落水が流れ込んでいた。この時の名は「堀川」。誰が命名したと言うものではなく、人工的に掘った川だから「堀川」と呼ばれるようになったのであろう。
 堀川という名の川は全国各地に見られる。京都の堀川は平安京築造のときに造られた川で、二条城の前を流れているのがそれだ。松江ではお城を囲むようにして流れている。「堀川」という名前は、人間でいえば「太郎」「次郎」といった、安直でありふれた名であるが、それだけに親しみやすい名でもある。

 天明4年(1784)冬に、それまで西へ流れて江川に注いでいた大幸川が堀川につなぎ変えられた。
 堀川がお城から北東に伸びたのである。この時の名は、それまでの堀川は「堀川」、新たに接続された大幸川は「大幸川」であり、一つの水系なのだが、今の朝日橋を境に上流部と下流部で違った名で呼ばれるようになった。
 今の感覚では違和感があるが、当時の川の名は地域で異なるのが普通である。庄内川も「玉野川」「勝川」「稲葉地川」など異なる名で呼ばれていたのである。また、大幸川から見れば、流入先が江川から堀川に変わっただけで大幸川は大幸川なのである。


 明治10年(1877)庄内川から取水し、矢田川をくぐり堀川に達する水路がひらかれた。
 この工事は、1本の水路を開削したのではなく、この地域の水系を大きく変える工事であった。竜泉寺の近くで取水していた庄内用水は今のよう水分橋の近くで取水し、新たに掘られた水路で矢田川へ向けて送水され、途中では古川を合流するようになった。矢田川は伏せ越し(水路トンネル)でくぐり、南岸に設けられた分水池へと流れ込んだ。ここで庄内用水・御用水・上飯田用水などへと分水されていた。また堀川への水路が造られ、その下流部はそれまでの大幸川を改修して利用している。
 この大工事を行なったのは、当時の愛知県技師「黒川治愿」であった。そのため新しい川は開削者の名から「黒川」と名づけられた。

 ここで問題になるのは、黒川はどこからどこまでかということである。当時は(旧)河川法施行以前であり、告示などの手続きも行なわれていない。はっきりとした記録は無いので、昔の記録から推定するしかない。
 明治44年発行の『庄内用水元樋及矢田川伏越樋改築紀念』という本がある。
これには「矢田川北岸に達する300間の水路を開削し、更に一條の水路を開削して堀川に連絡せしめ、今の黒川と称するもの是なり」「黒川の如きは、旧時庄内用水の流源たりし山下八ヶ村の悪水及び用水剰余の流水を放流するの一水溝の用を成す」という記載がある。「黒川」は今の守山区西部の排水や、用水の余剰水を流すのに使われているとしており、分水池より下流を「黒川」と呼んでいたことがわかる。
また、配水池から黒川へ流れ出すところの樋門は「黒川樋門」と呼ばれていた。

 当時は、庄内川の取水口から分水池までは「庄内用水」、分水池から朝日橋までが「黒川」、朝日橋から河口までが「堀川」と一般に呼ばれていたのである。




 河川を管理する元になる法律が河川法だ。明治29年(1896)に制定されている。
この時の河川法は治水と利水を主目的としており、「区間主義河川管理制度」といって、現在のように一つの水系として管理するのではなく、必要な区間を決めて管理する考え方をとっている。

 この法律は治水を主目的にしているので、そのような問題が少なかった堀川に適用されるようになったのは、施行からずいぶん後だ。
 大正6年3月22日 愛知県告示第98号「河川法準用河川認定」により「堀川 右岸 愛知県名古屋市西区塩町・左岸 愛知県名古屋市西区長畝町旭(ママ)橋以下海ニ至ル」と告示され、4月1日より朝日橋より下流が準用河川「堀川」になった。

 さらに、昭和5年10月21日には 愛知県告示第895号「河川法準用河川認定」により、「黒川 左岸 西春日井郡萩野村大字辻村字古新田・右岸 同 同 同 同 矢田川交叉点以下堀川既準用区域界ニ至ル」と告示され、11月1日からは、矢田川の南にあった分水池から朝日橋までが準用河川「黒川」になったのである。今でも通称として使われている「黒川」は、かつては正式の河川名だったのである。

 これに加えて、昭和34年1月24日 愛知県告示第32号 「河川法の規定を準用する河川認定」により「古川 左岸 守山市大字大森垣外字欠口63番・右岸 同市大字同字同61番地先以下黒川に至る。」と告示され、準用河川「古川」が認定された。
 古川は、現在は堀川岸に建つ「守西ポンプ所」により矢田川へ排水されている。このため堀川とは別の川という感覚がもたれているが、ポンプ所設置以前は堀川に流入する支川であった。この告示により、今の堀川のうち守西ポンプ所附近から黒川までの区間は、法律上は準用河川「古川」になったのである。
 庄内川の取水口から黒川までを準用河川にするのではなく支川の古川を認定したのは、大雨の時には古川から大量の水が流入し、治水上の問題が大きいからである。取水口から古川合流点までの区間は、樋門で取水量がコントロールでき、治水上の問題はほとんどないが、古川は昔から「あばれ川」として知られ、周辺に低湿地が広がり対策が急がれていた。

 一方庄内用水の管理は、明治18年(1885)に設立された「庄内用水水利土功会」が、さらに明治32年(1899)からはそれが発展した「庄内用水普通水利組合」が行い、大正12年(1923)には名古屋市へ移管されている。庄内川の取水口から分水池を経て流末まで「庄内用水」として管理されており、古川が準用河川に指定されることで、一部の区間は「庄内用水」と「古川」の重複区間になったのである。

 このように、区間主義河川管理を採用していた旧河川法のもと、今の堀川は法律の上では上流から「庄内用水」「古川」「黒川」「堀川」と4つの川がつながった川になったのである。 


 昭和40年(1965)に、新たな河川法が施行された。この法律は、これまでの考え方を大きく変え、一つの水系を一貫して管理する「水系一貫管理」を採用した。
 しかし、河川法施行法の規定では、「旧法の準用河川は、一級河川に指定されなければ二級河川になる」とされている。これにより、従前の「古川」「黒川」「堀川」は、それぞれ準用河川から新法の二級河川になった。


 (新)河川法の施行から遅れること4年、昭和44年(1969)に庄内川取水口から海までの区間が、一級河川「堀川」に指定された。現在の堀川の誕生である。

 それにより、それまで正式の名称であった「黒川」はなくなった。明治10年に開削した黒川治愿の名から付けられ、約90年の長きにわたって親しまれていた名称であり、今も通称として堀川上流部を「黒川」と呼ぶ人は多い。交差点名や地下鉄の駅名に「黒川」が残され、
昭和44年以前に架けられた橋の親柱には、かつての正式名称「黒川」の名が刻まれている。

 2006/03/27