縁の下の力持ち
三郷ゲート
 

 名古屋城の北西で黒川は直角にカーブしている。このカーブにゲートが並んでいる。ずいぶん規模の大きな施設だが、道路側からでは操作盤がフェンス越しに見えているだけだ。「三郷ゲート」と書かれている。いったい何の施設だろう。


 堀川支流 三郷悪水の誕生  都市化により 下水幹線に  今も水害から地域を守る 三郷幹線

堀川支流 三郷悪水の誕生

このゲートは下水の「三郷幹線」から黒川への雨水吐だ。ふだんは閉じられているが、大雨が降ると黒川へと勢い良く水を吐き出す。今では下水幹線だが、昔は「三郷悪水」(悪水=排水)と呼ばれる水路がここで黒川に流れ込んでいた。黒川の支流だったのである。

 三郷悪水は黒川の支流だが、黒川よりずっと古い歴史をもっている。
 水路が造られたきっかけは、大幸川と庄内用水の付け替えだ。
 かつて、大幸川は今の千種区竹越付近などから西へ流れて、江川(庄内用水の東井筋)に注いでいた。沿川の排水とともに、守山区の川村で庄内川から取水した水を庄内川に送るのにも使われていた。
 だが、大幸川が流れ込む江川では十分な排水ができず沿川は水害に悩まされていた。このため、天明4年(1784)に大幸川は江川から切り離され、堀川に流れ込むように付け替えられた。黒川の前身ができたのである。
 これにより水害は減ったが、庄内用水は稲生村(現:西区)での取水しかできず水量が不足するようになった。このため寛政4年(1792)、川村で取水する御用水路を拡幅し、当時「川中三郷」と呼ばれ輪中であった成願寺・中切・福徳を西に貫く水路を新たに掘り、矢田川の下を伏越(水路トンネル)でくぐって稲生村で従来からの庄内用水に接続し水を送るようになったのである。

 この庄内用水の接続点からまっすぐ南に大幸川まで続く水路が掘られた。
 この水路は庄内用水が田に水を送っている時には余剰水を排水するパイパスになり、また、庄内川・矢田川という天井川に囲まれて排水不良に悩んでいた川中三郷の排水にも使われていた。

 江戸末期の村絵図を見ると、川中三郷を東西に流れる水路は庄内用水の幹線なので「庄内用水」と記され、稲生から大幸川に向う南北の水路は「三郷悪水」と記されている。


都市化により下水幹線に

三郷水路流路図


 明治10年の黒川開削とともに庄内用水も流れが変えられ、三階橋の南で黒川から別れて西へ向う今の水路が造られた。これにより従来の庄内用水幹線であった川中三郷を流れる水路はもっぱら排水路として使われ、名称も「庄内用水」から下流のパイパスについていた「三郷悪水」の呼び名が上流部でも使われるようになった。三郷悪水は輪中で排水に苦しんでいた「川中三郷」の水を矢田川の下を伏越でくぐって黒川に排水する大切な水路であった。
 昭和の始めに矢田川の付け替えが行われ、川中三郷は輪中の村から名古屋と陸続きの土地に変わったが、地域の排水は引き続き三郷悪水が担ってきた。
 稲生から南の南北の水路は、都市化により早い時期に暗渠化され、下水の幹線になった。
 一方、川中三郷の東西の水路はその後も長く雨水を集めやすいオープン水路として残っていた。その後、福徳ポンプ所や福徳雨水調整池の完成により排水能力が強化されたため、平成5年に下水幹線に変わり、今は歩道に造られたせせらぎがかつて水路があったことを伝えている。

『大正9年地形図』 (部分)


今も水害から地域を守る 三郷幹線

 三郷悪水の沿川は田園地帯から人家の密集する市街地へと大きく変貌したが、地形は江戸時代となんら変わってはいない。
 都市化が進み自動車交通が増えると、とかく水路は厄介者として扱われやすい。「この水路さえ無ければ、家への出入が便利になるのに」「車が走りやすくなるのに」というように。だが、ひとたび大雨が降ったときに人々を水害から守るのは水路である。三郷悪水は下水幹線に姿を変えたが、今も江戸時代と同じように川中三郷や周辺地域の排水を担っている大切な排水路である。黒川岸の巨大なゲートは、万一のときの活躍に備えて普段は静かに佇んでいる。

伊藤正博 2004/9/13

   

名古屋歴史ワンダーランドへ