明治になり西洋の文化がどんどん入ってきた。早い時期に受け入れられたのが西洋医学だ。
 堀川端には、当時の先端医療と医学生の育成を行う愛知病院と医学校があった。板垣が岐阜で暴漢に襲われた時には、病院長が治療に駆けつけたという。




 西洋医学は、安永3年(1774)には杉田玄白による解体新書が刊行されるなど江戸時代から関心が高まり、漢方医が主流であったもののオランダ商館の医師などから知識を得た蘭方医も一部で活躍していた。明治維新の戦争で、銃創の治療に西洋の医療技術が大きな効果をあげたため、日本の医療は一気に西洋医療へと転換することになった。

 まず医師の養成が必要だ。名古屋では明治4年(1872)には旧評定所(現:産業貿易館東館)に仮病院、元町役所(現: 〃 西館)に仮医学校が開設された。これはわずか1年で廃校になったが、6年に西本願寺境内の仮住まいで医学講習所が設けられた。今の名古屋大学医学部の前身で、お雇い外国人が指導にあたっている。
 その後の名称の変遷を経て、明治10年7月1日、堀川端の元御船奉行 千賀邸の跡地に立派な西洋建築の愛知病院と医学校が完成、盛大に開業式が行なわれた。当時の先端医療と教育が堀川端で始まったのである。

 明治15年、世は自由民権運動のまっさかり。自由党党首の板垣退助は東海道遊説の旅に出た。
4月6日夕刻6時、岐阜での演説会場から帰ろうとするところを暴漢が襲い、左胸などを刺され7か所の傷を負った。この時「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだという有名な伝説が生まれたのである。
 板垣は反政府勢力の中心人物。政府とは非常な緊張関係になっており、政府が派遣した刺客ではないかとも考え、第二の刺客の襲撃を警戒していた。

 この時の愛知県病院長兼学校長は、後に満鉄総裁、東京市長、内務大臣になった後藤新平だった。
 後藤は、翌7日に岐阜へ駆けつけ、板垣の治療をしようとした。しかし板垣は第二の刺客ではないかと警戒し一時は治療を断ったものの、まわりの者の説得でようやく治療を受けたといわれている。12日には明治天皇の勅使が到着し慰問、15日に板垣は大阪へと向かった。
 日本の歴史に残る大事件と、堀川端の医学校は一つの糸で繋がっていたのである。

 この医学校は大正3年(1914)に鶴舞へ移転。堀川端の跡地には、平成19年10月 記念碑が設けられた。
『名古屋明細全図』(明治40年)

 2007/12/16